レフィーネ

利尻ヘアカラートリートメント

白髪染めレフィーネが髪を傷めない理由

通販でよく売れている白髪染めのレフィーネは、「退色した髪に簡単に色を入れたい」「髪が痛みやすいけどカラーリングをしたい」「トリートメントしつつ、カラーリングもしたい」「カラダに優しい白髪染めを使いたい」という人に評判です。
普通の白髪染めを利用すると、たいていの場合は髪に色をつける代わりに髪を傷めてしまうというデメリットがあります。しかし、白髪染めレフィーネはクチナシの天然色素を使っているので、髪にダメージを与えません。(クチナシは昔から食用の染料としても利用されており、体に無害なのです)
また、白髪染めレフィーネはアルカリ成分が入っていないことも髪を傷めないためのポイントの一つです。レフィーネが人気なのも、このような細かな気配りがされていることも理由の一つですね。

白髪染めレフィーネの評判

レフィーネを使い始めた人の話によると、「ヒリヒリしない」「嫌な臭いがしない」「髪の色つやが良くなった」「今まで苦労して染めに行っては髪を傷めていたのは何だったの?」などといった好意的な意見がどんどんでてきます。レフィーネって白髪染めの中では特別人気が高いことがよくわかりますね。

レフィーネでキレイに染めるコツ

白髪染めのレフィーネを使って、自宅で美容室のようにキレイに染めるにはコツがあります。
髪の毛に白髪染めをキレイに乗せるには、「毛髪の表面にあるキューティクルの溝に染料を定着させる」「コーミング(櫛でとかす)のときに、テンション(抵抗)を与える」必要があるのです。つまり、目の細かいコーム(櫛)を使って適度なテンションを与えつつ、毛髪全体に染料をなじませることが重要です。
美容院で美容師さんが使っているコームは、この2つのポイントをしっかりと押さえているので、美容室で染めると発色もよく色持ちもよい状態が続くのです。ということは、自宅で白髪染めを利用するときにも、よいコームを使うことできれいに染めることができるようになります。
結論を言えば、自宅で白髪染めをキレイに染めるためのコツは「目の細かいタイプのコームを使う」ことです。実は白髪染めのレフィーネには、目の細かいタイプの専用コームとセットになった商品もあります。せっかくレフィーネを使うのなら、コームにも気を使って髪をキレイに染めましょう。

利尻ヘアカラートリートメント